Author Archives: admin

生理用ナプキンやおむつも

ティッシュペーパーは、ついついトイレに流してしまいがちなのですが、ティッシュペーパーこそが、なかなか溶けないで、トイレのつまりを起こしてしまう大きな原因として考えることが出来ます。
トイレのつまり
ティッシュペーパーの場合ではお湯や洗浄剤で溶かしてからつまりをとるという方法が採られます。そして、トイレに、携帯電話、財布を落としてしまうというケースも増えて来てします。すぐに気付くことが出来ればいいですが、あとあとまで気付かないケースもあるようです。そのようなトイレのつまりが起これば、真空パイプクリーナーが一番効果的と言われています。

更に、生理用ナプキンやおむつがつまるというケースも多いと言われています。生理用ナプキンやおむつがつまると内部で膨らんでしまい、簡単に取れなくなってしまうのです。ラバーカップで流れない場合もありますので、そのような場合、ワイヤーでかき出したりします。

消臭剤のキャップが流れてしまう場合もあるようです。消臭剤のキャップでも奥につまれば、なかなか上手く取ることが出来ません。このような場合、既に業者に依頼することが妥当な方法ではないでしょうか。トイレのつまりのプロフェッショナルを呼び、便器を外し、奥に挟まったキャップを取り除きます。

トイレットペーパー

ラバーカップを使用して上手くいく場合もありますが、駄目なときもあります。そのようなとき、あれこれ対策について自分自身の判断でおこなえばかえってひどくしてしまう場合がありますので、注意をしてください。

トイレの排水管のトラップの中か床排水アダプターの部分に留まってる場合、もはや、私達素人の対処ではほとんど無理であり、業者に便器をはずしてもらって確認作業をしてもらったりするのが普通です。便器も陶器製で割れやすいので、大事に至らない前に業者を呼ぶ姿勢が大事です。もしも割れてしまったら、よけい業者に大金を支払いしなければなりません。
トイレットペーパー
さて、何がトイレのつまりのに原因となってしまうのでしょうか。一番異物の確率が高いのは、汚物とトイレットペーパーです。 汚物とトイレットペーパーは、当たり前にスムーズに流れていくものと、みなさんは考えているでしょう。しかし、日常生活において、汚物とトイレットペーパーを詰まらせて困っている人たちを意外と多く見かけます。そして、このようなケースが一番、ラバーカップやお湯、バケツの水等で治りやすいタイプです。

次に多いのは、ティッシュペーパーです。当たり前に、トイレには、トイレットペーパーを流しているので、ティッシュペーパーはOKと思っている人たちも多いようです。

トイレのつまり対策

ラバーカップトイレのつまりは、多くの場合、異物を流してしまったから起こります。自分自身が、意識的に何かを流してしまったという場合、原因はすぐに推測出来ますが、そうでない場合もあります。自分自身がした場合でも、後ろポケットにいれておいたり、棚から落ちたことを気づかないと言う場合もあり、他の人たちがした場合もあります。

実際に、みなさんが想像する以上にトイレのつまりは、いろいろな異物によって起こるようです。みなさんの家庭には、ラバーカップはあるでしょうか。ラバーカップは、トイレのつまり対策の必需品です。いつどのようなことが起こるか判らないので、そのようなものはせめて、あらかじめ購入しておかなければならないものです。

最近では、そのようなものを知らないという若い人たちもいます。トイレつまりの原因が、異物のつまりで起こるのなら、ラバーカップでほとんど解消出来るケースが多いです。ラバーカップで解消出来るのに、トイレのつまりの問題で、業者を呼ぶのは、あまりにも効率が悪いのではないでしょうか。

せめて、トイレのつまり対策として私達がしなければならない『い・ろ・は』が存在します。しかし、それでも業者を呼ばなければならないときはあります。

トイレのつまり原因

トイレのつまりはいつ、起こるか判らないものです。そのために万全な対策は出来ているでしょうか。まず、そのような症状が起こったとき、原因を追及することからはじめます。初心者の方々でも、トイレの問題を解消することは出来るのでしょうか。みなさんもトイレがなかなかうまく流れて行かないとき、いろいろと考えることがあるでしょう。

しかし、それは緊急事態であり、スピーディーに問題解決することが、一番大事なことです。みなさんが、あれこれ考えるうちに事態はもっとひどくなってしまうかもしれません。汚水は、なんとリビングまで襲って来てしまうかもしれません。その前に、業者を呼ぶというのももちろん対策のひとつです。みなさんが、あれこれ問題解決をしようと思い、更に事態をひどくしてしまうことがあるかもしれません。その前には、やっぱり業者に依頼することです。

業者を呼ぼうと思ってもどこへお願いしていいか判らないという人たちもいるでしょう。あらかじめ業者の電話番号などは、冷蔵庫の横などに書いたメモを貼り付けておくようにしましょう。そして、あらかじめなぜ、そのような症状が起こるのかについてノウハウを知れば、そのような症状にならないように予防もすることが出来るのではないでしょうか。もちろん、そのような症状の原因として、異物を中に入れてしまったからということを考えることが出来ます。いろいろ原因はありますが、一番多い原因は、やっぱり昔からいまもこれです。