生理用ナプキンやおむつも

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ティッシュペーパーは、ついついトイレに流してしまいがちなのですが、ティッシュペーパーこそが、なかなか溶けないで、トイレのつまりを起こしてしまう大きな原因として考えることが出来ます。
トイレのつまり
ティッシュペーパーの場合ではお湯や洗浄剤で溶かしてからつまりをとるという方法が採られます。そして、トイレに、携帯電話、財布を落としてしまうというケースも増えて来てします。すぐに気付くことが出来ればいいですが、あとあとまで気付かないケースもあるようです。そのようなトイレのつまりが起これば、真空パイプクリーナーが一番効果的と言われています。

更に、生理用ナプキンやおむつがつまるというケースも多いと言われています。生理用ナプキンやおむつがつまると内部で膨らんでしまい、簡単に取れなくなってしまうのです。ラバーカップで流れない場合もありますので、そのような場合、ワイヤーでかき出したりします。

消臭剤のキャップが流れてしまう場合もあるようです。消臭剤のキャップでも奥につまれば、なかなか上手く取ることが出来ません。このような場合、既に業者に依頼することが妥当な方法ではないでしょうか。トイレのつまりのプロフェッショナルを呼び、便器を外し、奥に挟まったキャップを取り除きます。